ホーム >> 赤十字奉仕団 - 赤十字奉仕団の種類

赤十字奉仕団の種類

福島県内の赤十字奉仕団

地域赤十字奉仕団
赤十字のボランティア活動を通じて地域社会に貢献したい、という方々で結成され、県内58の市町村に結成されています。献血の啓発、災害救護・防災活動などのほか、地域の実情に応じて 高齢者や障がい者の支援活動、環境美化活動など様々な活動を行っています。
青年赤十字奉仕団
県内には大学に結成された学生赤十字奉仕団が4団、社会人も参加している青年奉仕団が1団あります。それぞれ献血の啓発、災害救護・防災活動などのほか、青少年の支援活動なども行っています。
特殊赤十字奉仕団
アマチュア無線・防災支援赤十字奉仕団
主にアマチュア無線免許を有する方々により県内22団が結成されています。災害時の活動のほか、日頃から防災や救急法の研修等も行っています。
青少年赤十字賛助奉仕団
小中高校において教員だった方がたにより結成され、県内に6団があります。県内の全小中学校、44の高等学校が加盟する「青少年赤十字」の支援活動を主に行っているほか、地域の状況により、献血の啓発、防災活動なども行っています。
安全奉仕団
救急法指導員で構成されています。県内で開催される 救急法、幼児安全法、水上安全奉や健康生活支援講習会の指導員として協力しています。
芸能奉仕団
県内では、1団がいわき市に結成されています。歌や踊りなどの特技を生かして、高齢者施設の慰問活動を行っています。
赤十字防災ボランティア奉仕団
県内では、会津若松市に1団結成され、地域の防災活動や被災者の支援活動などを行っています。
福島赤十字病院ボランティア
県内で唯一の赤十字病院で、外来患者さんの案内や館内掲示の取り換えなどを行っています。
日赤福島ボランティア会
福島県内の赤十字の職員であった方がたで構成されています。赤十字活動の支援のほか被災者の支援活動なども行っています。

このほか、災害時などには、赤十字の活動や被災地支援活動のために 個人としてボランティア登録を行って活動する方がたの協力があります。

TOPへ