ホーム >> ニュースリリースの一覧 >> 平成30年北海道胆振東部地震災害へ救護班の派遣

ニュースリリースの詳細

【災害救護】平成30年北海道胆振東部地震災害へ救護班の派遣

2018.09.06

平成30年9月6日 北海道胆振地方中東部を震源として起きた地震災害に対して、6日福島赤十字病院の医師を班長とした救護班を派遣しました。

救護班は、岩手県まで車両で移動し、7日(金)の8時に岩手県宮古港からフェリーで北海道室蘭港に18時に到着します。その後、厚真町等の避難所で被災者に対する医療救護活動を行う予定です。


【派遣期間】
 平成30年9月6日(木)~9月11日(火)
【派遣先】
 北海道 厚真町総合福祉センター
【活動場所】
 北海道 厚真町等の避難所
【活動内容】
 被災者に対する救護活動
【救護班】福島県支部救護班第1班
  班長(医師) 中村 耕一郎(福島赤十字病院)
  看護師長   渡辺 あゆみ(福島赤十字病院)
  看護師    鈴木 安英 (福島赤十字病院)
  看護師    泉 弘子  (福島赤十字病院)
  薬剤師    渡部 寿康 (福島赤十字病院)
  主 事    橋本 健一 (福島赤十字病院)
  連絡調整員  松本 琢也 (福島県支部)


TOPへ