ホーム >> 青少年赤十字 - 青少年赤十字活動 4つの勧め

青少年赤十字活動 4つの勧め

「困っている人を助けようという『思いやり』の心」を育てよう
「おたがいさま」の心で、「絆」を広げ、深め、活動しよう
主役は「あなた」です

1つ目の勧(すす)め 「登録式」をお勧めします。

青少年赤十字に加盟したことを知り、メンバーとしての自覚を持つために

登録式に決まりはありませんが、内容としては、

  • ①加盟したことを知らせる
  • ②「ちかい」を述べる
  • ③青少年赤十字についての講話を行う
  • ④新会員にワッペン・バッジを贈る
  • ⑤青少年赤十字の歌を歌う など

学校の実情に合わせて行ってみてください。

なお、資料や資材の提供、人材の派遣等については日赤県支部にお問い合わせ下さい。

2つ目の勧(すす)め 青少年赤十字の「ワッペン」を付けて活動を。

そして、「気づき」「考え」「実行する」を合い言葉にすることをお勧めします

ボランティア活動には青少年赤十字のワッペンを胸や肩に付けてみましょう。

  • ○不思議な力がわいてきます。
  • ○活動が楽しくなります。
  • ○笑顔が満ちてきます。

ワッペンの相談は日赤県支部にお問い合わせ下さい。

3つ目の勧(すす)め 「講習会」や「トレ・セン」に参加することをお勧めします。

そこで「青少年赤十字ってなあに」をいっしょに学びましょう。

対象:指導者
・指導者講習会(平成28年度)
平成28年8月8日(月)~10日(水) 郡山市青少年会館
・指導者研修会・学校公開(平成26年度)
平成28年10月7日(金) 福島市立松川小学校・松陵中学校
対象:児童生徒
・「各地区トレーニングセンター」
7月~8月

日赤県支部や各地区で企画する講習会・研修会・トレーニングセンターにぜひ参加しましょう。

4つ目の勧(すす)め 詩・100文字提案作品への応募をお勧めします。

児童生徒作品募集テーマ(詩・100文字提案)東日本大震災後、未来に向け「気づき」「考え」「実行したこと、しようとしたこと」を全国の皆さんに届けてみませんか。

いのちの詩 愛の詩
リズムで綴り、心に響く「いのちの詩・愛の詩」を
わたしの100文字提案
「わたしのできるボランティア」
「福島・日本・世界のために、わたしがしたいこと、できること」
「わたしが感動したことばやできごと」 

すべてのテーマについて、小・中・高校共通です。以上の3つのテーマから選んで書いてください。

作品の募集締め切り
小学校平成平成28年6月30日(木)
中・高等学校平成28年8月31日(水)

先生に相談してぜひご応募ください。

TOPへ