ホーム >> 青少年赤十字 - 学校(JRC)紹介

詩・100文字提案

平成18年度から始まった本事業は、青少年赤十字活動の活性化を図ることが目的でしたが、平成23年3月の東日本大震災後は、東日本大震災復興支援事業として行われ、自己の思いを「書く活動」を通して、これからの生活を前向きに考えられるようにすることが主たる目的になりました。そうすることにより、青少年赤十字活動の活性化が図られ、個々の自立心が育てば幸いです。

平成27年度は、本事業が10周年を迎えます。福島の復興や自立心の涵養等、未来志向を図るため、テーマを一部変更しました。児童生徒の本事業への参加増と焦点化された作品内容の豊かな醸成を期待しています。また、毎年、優秀作品を掲載した「詩・100文字提案作品集」を作成し、加盟校はじめ、関係機関に配付させていただいています。
本事業は、始まってから10年になりますが、応募校数は、加盟校数の一割程度にとどまっていますので、広報に努めて応募校・出品児童生徒数の増加を図ってまいります。

○募集対象
・福島県内青少年赤十字加盟校の児童生徒
○主催
・青少年赤十字福島県指導者協議会
・日本赤十字社福島県支部
○共催
・福島県青少年赤十字賛助奉仕団
○後援
・福島県教育委員会
・福島県小学校長会
・福島県中学校長会
・福島県高等学校長協会
詩・100文字提案 作品集

TOPへ